PR

推しの子声優新人が大役を掴む秘訣!戸谷菊之介、浦和希、伊駒ゆりえ、結川あさきの成功ストーリー

推しの子声優新人が大役を掴む秘訣!戸谷菊之介、浦和希、伊駒ゆりえ、結川あさきの成功ストーリー 推しの子
声優新人の画像

声優業界では、オーディションに合格することが役を得るための重要なステップです。ベテラン声優であっても、常に挑戦を続けなければなりません。

近年、新人声優たちが大作アニメや映画のメインキャラクターに抜擢されるケースが増えています。彼らがどのようにして大役を掴んだのか、その共通点と成功の秘訣を探ります。

この記事では、戸谷菊之介、浦和希、伊駒ゆりえ、結川あさきの4人の新人声優に焦点を当て、その成功ストーリーを紹介します。

この記事を読むとわかること

  • 新人声優が大役を掴むための共通点と必要な要素
  • 戸谷菊之介、浦和希、伊駒ゆりえ、結川あさきの成功ストーリー
  • 新人声優たちの未来に対する期待と展望

新人声優が大役を掴むための共通点とは?

声優業界では、常にオーディションに挑戦し続けることが求められます。

特に、新人声優が大役を掴むためには、いくつかの共通点が見受けられます。

ここでは、その共通点について詳しく見ていきます。

演技力とキャラクターに合った声質

まず、新人声優が大役を掴むためには優れた演技力が必要です。

オーディションでは、キャラクターにピッタリと合った声質が求められます。

例えば、『チェンソーマン』のデンジ役を務めた戸谷菊之介は、その自然体の声が評価されました。

ひたむきな努力と情熱

次に、ひたむきな努力と情熱も欠かせません。

浦和希は、『ブルーロック』のオーディションで台本を暗記して挑むなど、並々ならぬ努力を見せました。

こうした努力がオーディションの結果に繋がるのです。

戸谷菊之介の成功ストーリー

戸谷菊之介は、『チェンソーマン』のデンジ役で注目を集めました。

その成功の背景には、特別な演技力と自然体の声がありました。

ここでは、彼の成功の秘密に迫ります。

『チェンソーマン』デンジ役への道

戸谷菊之介は、2017年のソニー・ミュージックアーティスツが主催する声優オーディション「アニストテレス」を経てデビューしました。

その後、緒方恵美に演技の基礎を叩き込まれ、徐々に実力をつけていきました。

彼の自然体の声が評価され、デンジ役を獲得したのです。

自然体の演技が評価された理由

『チェンソーマン』のデンジ役では、監督から「そのままの声でやろう」という指示がありました。

戸谷菊之介は、声の作り込みをほとんどせず、自然体の演技で役を演じました。

この自然体の演技が、彼の成功の鍵となったのです。

浦和希の挑戦と成功

浦和希は、『ブルーロック』の潔世一役で注目を集めました。

その成功の背景には、努力と情熱がありました。

ここでは、彼の成功の秘密に迫ります。

『ブルーロック』潔世一役のオーディション秘話

浦和希は、『ブルーロック』のオーディションで困難な挑戦を乗り越えました。

彼は台本を暗記し、台本無しでアフレコに臨みました。

このエピソードは、彼のひたむきな努力と情熱を示しています。

努力と暗記力が実を結んだ瞬間

『ブルーロック』のオーディションで、浦和希は「いいところまで行っているかも」と感じていました。

しかし、結果が出るまでは不安な気持ちが続いていました。

最終的にオーディションに合格し、努力が実を結んだ瞬間を迎えました。

伊駒ゆりえの異色の抜擢

伊駒ゆりえは、『【推しの子】』の星野ルビー役で異色の抜擢を受けました。

彼女の成功の背景には、新人らしいひたむきさがありました。

ここでは、彼女の成功の秘密に迫ります。

『【推しの子】』星野ルビー役での新人らしさ

伊駒ゆりえは、初のレギュラー作品でメインキャラクターに抜擢されました。

プロデューサーの山下愼平は、「オーディション会場の中で一番新人っぽさがあったから」と述べています。

彼女の新人らしいひたむきさが評価されたのです。

初オーディションでのインパクト

伊駒ゆりえのオーディションは初参加でしたが、その演技力が高く評価されました。

彼女の演技力ひたむきさが、役を掴むための決め手となりました。

社会現象となった『【推しの子】』での彼女の演技は、多くの視聴者に強い印象を与えました。

結川あさきの活躍

結川あさきは、『逃げ上手の若君』の北条時行役で注目を集めました。

彼の成功の背景には、特別な声質と監督・原作者からの高評価がありました。

ここでは、彼の成功の秘密に迫ります。

『逃げ上手の若君』北条時行役への抜擢

結川あさきは、乃木坂46一期生・高山一実の長編小説を原作とした映画『トラペジウム』で主役の東ゆうを演じました。

オーディションでは、高山一実と監督が立ち会い、彼の声質が「ゆうっぽい」と高く評価されました。

この評価が、彼の役獲得に繋がりました。

監督と原作者が認めた声質

結川あさきの声は、オーディションを経て監督と原作者の両方から高い評価を受けました。

彼の自然な声演技力が、北条時行役にぴったりだったのです。

この成功は、新人声優としての彼のキャリアに大きな影響を与えました。

まとめ:新人声優の未来に期待

新人声優たちが大役を掴むためには、優れた演技力、キャラクターに合った声質、そしてひたむきな努力が欠かせません。

戸谷菊之介、浦和希、伊駒ゆりえ、結川あさきの成功ストーリーからも分かるように、これらの要素が揃ったときに初めて大役が手に入るのです。

今後も、新人声優たちの活躍に期待が高まります。彼らがどのような作品で輝くのか、楽しみにしていましょう。

この記事のまとめ

  • 新人声優が大役を掴むための共通点とは?
  • 戸谷菊之介の『チェンソーマン』デンジ役への道
  • 浦和希の『ブルーロック』潔世一役のオーディション秘話
  • 伊駒ゆりえの『【推しの子】』星野ルビー役での新人らしさ
  • 結川あさきの『逃げ上手の若君』北条時行役への抜擢
  • 新人声優の未来に対する期待
タイトルとURLをコピーしました